【CHAOS;CHILD】第2話レビュー


第2話『事件が彼らを嘯く』

いきなりゆっくり解説からのスタート。こういうネタって割とネットでいろんなものを見ている人たちじゃないと伝わらないんじゃないですかね。

なんとなく聞いたことはあっても、意味は全然わからないってなりそう。

一般的なもので例えると、『PPAP』とか話題にはなってるけど、意味がわからない。何が面白いのってなる感じが近いと思います。

それをこれは〇〇なのが面白いんだよと説明されたところで、一般的なラインではないので、意識高い系と思われるのがオチでしょう。

というわけで、ゆっくり解説での動画をアップしているのは情報強者を自負する拓瑠たちなわけです。

今回は『力士シール』に関する検証回。

新たに大量の『力士シール』が壁一面に貼られたスポットを発見する拓瑠たち。

しかも、第3の事件までの現場付近でも確認できており、デザインも完全に一致しています。

この『力士シール』ですが、実は【CHAOS;CHILD】だけに登場するものではなく、一時期、リアルで描かれていたものなんですよね。

ニュースにもなったりしたので、【万能鑑定士Q】シリーズでもネタにされていました。

謎の『力士シール』として都市伝説にもなっていて、目的等は一切不明。作者として、Querencia Peligrosa説や阿満都説が噂されてました。

もっとも、作品中でデザインの統一性が語られている通り、大きく分けて2種類あり、ひとつは阿満都のおたふくタイプ、もうひとつが蔵タイプ。多分、蔵タイプの作者がQuerencia Peligrosaなんじゃないでしょうか。

以前、【CHAOS;CHILD】の体験会で配られたシールも蔵タイプで、あちこちに貼られたため、こちらを見たことある人は多いかもしれません。

リアルでも『力士シール』と呼ばれていましたが、少なくとも阿満都の方は力士ではなく、おたふくのようです。

文字をデザインしているのか、パッと見でもオの字が見てとれます。

もっとも、【CHAOS;CHILD】の作品中では完全に力士になってますけどね。

やがて、冒頭の動画がネットニュースの渋谷にうずが取り上げたことで、再生数が跳ね上がり、10万再生を超えるほどに。

しかし、それはフリージアで活動している久野里澪が事件を調査するために、拓瑠たちを利用しようとしてのものでした。

コメントという形で次々とされる情報提供によって、『力士シール』の作者がとある病院に入院していることがわかるんですが、もちろんあの病院です。

その頃、来栖乃々は義理の妹弟である橘結衣と橘結人の話を聞きながら、同じ施設で育った拓瑠のことを思い出す。

そして、友人の川原雅司から拓瑠たちが第4の事件が起こる候補となっている壁面のスポットにカメラを仕掛けたことをしり、撤去しに向かう。

手を伸ばす彼女の背後に刃物を持った人物が突っ込んできたと思うと、画面が切り替わり、刺されたらしい乃々が倒れこんだまま終了。

たったの2話でヒロインのひとりが退場するかもしれません。

ゲーム版をプレイしていないのでわかりませんが、早足なんだか、元々序盤で退場するルートがあるのか、こんなに展開早くて大丈夫なんですかね?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です